Welcome to my blog!

January 2018

January 25, 2018

深夜の救急病院


急性胃拡張…とても恐ろしい病気です。
何の前触れもなく突然症状が現れ、うさちゃんは強い腹痛に襲われます。
一刻も早い処置が必要です。
食べない、出ない、じっとうずくまっている…などの様子で判断できます。

IMG_5553


そらくんは昨年のこの寒い時期に急性胃拡張にかかりました。
その時の様子は痛みで落ち着きなく動き回っては伏せる、の繰り返しでした。
遊びとは明らかに異なる動きでしたのでわかります。
幸いにも適切な処置を迅速に受けることができたため数時間後には回復の兆しが見えました。

IMG_5452


その時の記事はこちら
健康診断と急性胃拡張
急性胃拡張について

IMG_5478


そして先日、食欲が落ちていることに気づきどうしたのかと心配をしていたところでした。
全く食べない、全く出ない、というわけではなかったので急を要するとは思っていませんでした。
するとしばらくしてそらくんは腹痛がある様子を見せました。
時刻は日付が変わろうとしている頃。

IMG_5362


かかりつけの動物病院は診察時間外です。
うさぎの診察が可能な救急病院に連絡をし、すぐに連れて行きました。
歯のチェック、触診、X線撮影をしていただき、少しおなかが張っているとのことでした。
よく言われるうっ滞です。

IMG_5365


輸液(皮下点滴)と鎮痛剤の処置をしていただきました。
消化管の動きを促進するお薬は使いませんでした。
昨年の急性胃拡張のときにかかりつけ病院での処置内容をお伝えしたところ、今回はやめておくとのご判断でした。
救急病院での処置内容や検査結果はかかりつけ病院に転送(連携)しておいてくださるとのことでとても助かりました。

IMG_5329


帰宅後のそらくんはハウス(ケージ)の中でじっとしていました。
夜が明けても何か食べた様子は感じませんでしたが少しはおトイレができていたためペットシートごと持参してかかりつけ病院に。
腹痛がおきた深夜、病院に留守電メッセージを残していたこともあり朝一番で受診しました。

IMG_5328


受付を済ませたときは診察時間よりもだいぶ前でした。
看護師さんが待合室にいるそらくんを迎えに来てくださり、診察室の奥、暖かいお部屋へ連れて行ってくださいました。
急性胃拡張は寒いと悪化してしまうとのこと。
病院のご配慮に心から感謝するとともに、エキゾチックの診療に長けた病院ならではのご対応に頭が下がる思いでした。
うさぎの腹痛は一大事だと認識してくださっているからこそです。

IMG_5559


画像データは救急病院でいたただいたCDを引渡し、診察は触診でした。
おなかが張ってはいるけれどそれほどでもなくわずかながらウンチも出ている、そらくんに活動性があり腹痛(激痛)の様子ではなさそう。
救急病院で投与していただいた鎮痛剤が効いているお陰で元気に見えるのかとも思いましたが強い腹痛がありそうな状態ではないとのことでした。

IMG_5567


そういえば看護師さんが暖かいお部屋で待機中のそらくんの様子を「お顔を上げるなど落ち着いている様子」と伝えにくてくださいました。
体調の思わしくない子はぐったりと伏せてお顔を上げることもできずじっとしているでしょう。
診察中のそらくんは周りをキョロキョロ見回すなど、腹痛がある様子とは違っていました。

IMG_5568


排泄と活動性があり、輸液と鎮痛剤は救急病院で処置していただいていますので、急性胃拡張のスタンダードなお薬は使わずおなかの動きを促進するお薬(内服シロップ)を処方していただき経過観察をすることとなりました。
3日間、朝晩飲んでもらうようにとのこと。

IMG_5569


もしこの日の24時までに何も食べなければ翌日診察に来るよう言われました。
そんなに長時間の絶食状態に耐えられるのかと心配でお尋ねしましたが大丈夫とのこと。
そらくんを診察した先生は食欲が回復するだろうと見込んでそのようにおっしゃったのかもしれません。

IMG_5570


帰宅後に飲んだお薬の効果か、病院疲れでおなかがすいたのか、お味が好みのペレットをもらったからなのか、そらくんはゆっくりと食欲が戻りました。
3日間の内服薬も頑張り、やっと日常に戻ってきたところです。

IMG_5571


今回は完全に食べない出ない状態ではなかったため軽度のうっ滞だったのかもしれません。
それにしてもうさぎからの腹痛SOSは緊急性が高いからこそ心臓が止まりそうなほど驚き慌てます。
今後に備え、そらくんのプロフィールと既往歴一覧表を作成しようと強く心に決めました。

IMG_5544


そらくんは食にこだわりがあるようで、一般的にうさちゃんが好むようなものを食べなかったり、いつものペレットを急に食べなくなったりします。
万が一の買い置きをわんさとストックし、本日もそらくんの様子を見守ります。

IMG_5280


まだ寒い日が続くようですので、皆さまと、皆さまのうさちゃんにおかれましてはどうぞ暖かくしてお過ごしください。


皆さまにとって、心配事のないリラックスした週末になりますように。

ありがとうございました。


January 18, 2018

お爪切り


先日、そらくんは新しいハーネスを着て動物病院へ行きました。

IMG_4902


健康診断の予定でしたが混雑していたためお爪切りのみお願いしました。

IMG_4970


青空がとてもきれいな日でした。

IMG_4941


設定があるようで同じようなお写真が2枚撮れます。

IMG_4940


待合室には大勢の患者さんがいらしたため車の中で過ごしました。
そらくんは眠たそうでした。

IMG_4989


健康診断は次回に延期となりました。

IMG_5110


様子に変化は感じませんが定期健診は必要だと考えています。

IMG_5128


いつも元気で…

IMG_5129


頻繁に立ち上がります。

IMG_5130


立っている時間が長いです。

IMG_5131


そらくんが毎日無事でいてくれることに感謝。

IMG_5122




春のような天気です。
真上に向けて撮った一枚。

IMG_5108







皆さまにとって、願いが叶う週末になりますように。



ありがとうございました。


January 11, 2018

静電気としゃっくり


空気が乾燥する時期は静電気が起きやすくなります。

IMG_4629


昨年まではなかったのですが...

IMG_4363


そらくんを撫でようと手を伸ばすとパチッ!

IMG_4382


二人で驚いてしまいます。

IMG_4367


ブラッシングのときに静電気で被毛がふわっとすることはありますが、

IMG_4415


触れようとそらくんがお顔を近づけたときにパチッとなるのは困ります。

IMG_4420


そして、先日は久しぶりにそらくんのしゃっくりを見ました。

IMG_4438


およそ10秒程度でしょうか…小刻みに体が震えていました。

IMG_4480


そらくん自身は元気で、でも困ったような様子。

IMG_4627


今週は二つのお困りごとを経験したそらくんです。

IMG_4619




あまりにもきれいな青空でしたので、真上を向いて空を撮ってみました。
カメラをズームしなくても、空、空、空。

IMG_4726


そらくんの住むエリアは建物や電線が多く、広い空に出会えることは珍しいことでもあります。
青いだけをただ見ることができるのはとても贅沢です。

IMG_4705







皆さまにとって、幸運な週末になりますように。


ありがとうございました。


January 05, 2018

ようこそ、2018年 オーツヘイ


そらくんはこの新年、幸先の良いスタートを切ることができ、好きな食べ物がまたまた増えました。

IMG_4198


オーツヘイ(牧草)です。

IMG_4223


オーツヘイはオーツ麦や燕麦(えんばく)などとも呼ばれ、人間の食べ物でいうとオートミールの原料にもなるイネ科の穀物です。

IMG_4229


チモシー1番刈りをメインで食べているそらくんに他の種類の牧草を好んでもらえてうれしく思っています。

IMG_4262


本年も引き続き、食べ物だけでなくおもちゃや遊びなども、新しいものにたくさん出会って豊かに育ってほしいと心から願っています。

IMG_4267


そらくんの好きなものをひとつでも多く発見することが今年のわたしの目標です。

IMG_4297


(ペロ)

IMG_4302



IMG_4256









本年も、皆さまと皆さまの大切なうさちゃんたちが健やかでありますように。



ありがとうございました。



ギャラリー
  • 換毛とちょっとの腹痛、爪切り
  • 換毛とちょっとの腹痛、爪切り
  • 換毛とちょっとの腹痛、爪切り
  • 換毛とちょっとの腹痛、爪切り
  • 換毛とちょっとの腹痛、爪切り
  • 換毛とちょっとの腹痛、爪切り
  • 換毛とちょっとの腹痛、爪切り
  • 換毛とちょっとの腹痛、爪切り
  • 2020年、新型コロナウイルス感染症と宿泊療養