Welcome to my blog!

February 23, 2018

年に一度の健康診断


そらくんは一年に一度精密な健康診断を受けています。
本年も異常なしとの診断をいただくことができました。

IMG_6762


そらくんは撫でられて心地が良いときなど歯ぎしりをします。
(痛みや苦痛を感じての歯ぎしりとは明らかに異なります)

IMG_6768


普段はカチカチッと軽快な歯ぎしりですが、健康診断を受けた夜の歯ぎしりはギュルギュルと噛みしめを強く感じました。

IMG_6793


保定されてエックス線撮影をしたり、お爪切りや採血など、苦手なことばかりでもとても頑張ってとても疲れたのでしょう。

IMG_6825


今日はこんなに頑張ったんだよと伝えたいことがたくさんあったのかもしれません。

IMG_6815


…ちょっと体重が増えていました。
先生は優しく「まあ許容範囲かな」とおっしゃいました。
おやつ減量令が出なくてそらくんもほっとしたことでしょう。

IMG_6810




日頃は動物関連の事件事故の話題に目を向けないようにしています。
知ってしまうととても胸が痛くなるからです。
触れたことがない子の話題だとしてもどうにもしてあげられないことが悔しくて、被害に遭った子を想うと悲しくて、涙が出てきてそらくんを驚かせてしまいます。

そんな事情もあり全く知らなかったのですが、先生とのお話の流れから少し前にあったうさぎの医療過誤訴訟についてうかがいました。
うさぎの歯を切る処置が不適切だったと認められ、動物病院に高額な損害賠償を命じる判決が下ったとか。
この異例の判決にエキゾチックのお医者様たちは震撼したそうです。

事故が起きたのはうさぎの診察もできると有名な動物病院。
評判もそこそこだと感じます。
わたしはおよそ15年程前にかかったことがある動物病院です。
診察に疑問を感じたので一度しか訪問していません。
お話を伺った限り、15年前から診療方法が変わっていないのではと感じました。
学会や研究会で勉強なさっている先生だったらそのやり方はしないはずだと。

うさぎのかかりつけ病院を探すのは容易なことではありません。
クチコミや症例数、来院数だけではうさぎを診れる動物病院かどうかの判断は不十分です。
うさぎと病院の記事でも触れましたが、エキゾチックペット研究会に所属の先生はエキゾチック診療のエキスパートだと思いますのでご参考までにどうぞ。




雨粒がキラキラと輝いていました。

IMG_6750





皆さまと、皆さまの大切なうさちゃんたちの歯が健康でありますように。


ありがとうございました。


Comments(0)│ │日常 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ギャラリー
  • 窓際が好き
  • 窓際が好き
  • 窓際が好き
  • 窓際が好き
  • 窓際が好き
  • 窓際が好き
  • 窓際が好き
  • 秋の暑さ
  • 秋の暑さ